|  

論文投稿要領

本文はこちらから

論文投稿要領

1.投稿者の資格:原則として投稿者は共著者も含め山梨県母性衛生学会会員に限る。
2.論文の種類:論文の種類は、原著、事例報告、実践報告、依頼稿、特集、資料などで、女性の健康、保健の増進に寄与しうるもので、他誌に発表していないものに限る。
  • a) 原著(Original Article):独創性に富み、目的、方法、結論などの明確な研究論文。
  • b) 事例報告(Case Study):事例の報告で今後の実践に有益な論文。
  • c) 実践報告(Practical Report):実践の報告で今後の実践に有益な論文。
  • d) 資料(Report):上記以外で実践に貢献する資料。
  • e) 依頼稿:会員に役立つもので、依頼した論文を原則とする。
  • f) 特集:特定のテーマに関する複数の専門家に依頼した原稿を原則とする。
3.原著論文の記述の順序:原則として次のようにする。
表題、所属、著者名(原著は10名以内とし英文を表記する)、和文抄録、索引用語(Key words)、Ⅰ緒言(目的)、Ⅱ研究(実験)方法、Ⅲ成績(結果)、Ⅳ考察、Ⅴ結語、文献、英文抄録、図、表(図・表にはそれぞれ番号とタイトルを付け、本文の欄外にその挿入箇所を明示する)の順序とする。
4.抄録
和文抄録は500字以内、Key wordsは5語以内にまとめる。英文抄録は原著論文には必ず付記し、事例報告、実践報告には任意で付記して250語以内、Key wordsは5語以内とする(英文抄録には、表題、著者らの所属名、抄録、キーワードの英訳を含む)。
5.執筆要領
  • a) 論文の書式:A4サイズ横書きで、1行を全角32字、1頁35行で10枚以内(図表を含む)とする。
  • b) 原稿には表紙をつけ、以下のことを記す。
    表題(英文表題とも)、著者名(ローマ字とも)、所属機関(英文名とも)、図表および写真などの枚数、希望する原稿の種類、別刷必要部数、連絡先住所、電話番号およびFAX番号、E-mailアドレス。
  • c) 著者名は原著論文10名以内、事例報告、実践報告は8名以内とする。
6.用字・用語:原則として常用漢字とひらがなを使用する。学術用語は日本産婦人科学科学会の定めた用語、および医学用語辞典に従う。
7. 単位・記号:単位は国際単位系を使用し、m,cm,ml,kg,mg/dl,などとする。数字は算用数字(1,2,3)を用いる。
8. 文献の引用:論文に直接関係のあるものにとどめ、本文中では引用部位の右肩に文献番号1)2)……を付け、本文の最後に一括して引用番号順に記載する。誌名略記は日本医学図書館協会編:日本医学雑誌略語明記表およびIndex Medicusに準じる。
(雑誌の場合)
著者名(和文はフルネームで、欧米は姓のみをフルスペル、その他はイニシャルのみで、3名まで記し、それ以外の場合は「,他」「, et al」を用いて略記する).表題(フルタイトルで記載).雑誌名.発行年(西暦),巻数(号数),頁-頁.
<例>
佐藤太郎,青木二郎,山田三郎,他.思春期の月経異常.母性衛生.2003,44(1),1-10.
Johnson H,Smith EC,Wilson P,et al. Premature labor and infant mortality.Am J Obstet Gynecol.2002,159,65-68.
(単行本の場合)
編者名.書名.発行地,発行所,発行年(西暦).
<例>
松本一郎編.受胎調節の実際.東京,第一出版,1999.
William J,Family Structure.Conn ed.Family structure and function.
Philadelphia,Saunders,2002,1-10.
9. 印刷の初校:著者校正は1回までとする。ただし、組面面積に影響を与えるような改変や組み替えは認めない。
10.規定範囲内の文字数に要する費用は無料とする。これを越える部分の印刷に要する費用は著者の負担とする。カラーによる印刷は有料とする。
11.投稿論文の採否、掲載順位:編集会議で決定する。掲載の順序は原則として投稿順による。採用した原稿およびフロッピーディスク類は原則として返却しない。
12.別刷を希望する場合の費用は投稿者の負担とする。
13.投稿原稿の締め切り日は、毎年12月第2月曜日とする。
14.原稿の送付方法および送付先:原稿(正1部、副1部)は、封筒の表に「山梨県母性衛生学会誌原稿」と記して、下記宛に書留にて論文投稿チェックリストを同封の上、郵送する。なお、副1部は和文、英文とも著者名、所属名を伏せたものとする。
15.最終原稿はCD、USB メモリー等の媒体に保存し、プリントアウトしたものとともに提出する。
16.本誌に掲載された論文等の著作権は、本学会に帰属する。
〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1
山梨県立大学看護学部 母性看護学・助産学領域内
山梨県母性衛生学会事務局

*この投稿要領の施行は、2011年5月22日以降に受付けた論文から適用する。
改定:2014年8月1日

応募原稿の概要・応募原稿に関する問合せ先

〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1
山梨県立大学看護学部 母性看護学・助産学領域内
TEL&FAX 055-253-8959(渡邊)
学会専用アドレス : 
  |